スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄伝統野菜クワンソウと金美人参

クワンソウと金美人参

P5070638.jpg
沖縄のイオンで購入。思わず沖縄伝統野菜に惹かれ購入してしまいました。
ところがどうやって食べるのか,わからないため,イオンの定員さんやパートの人にきいてみると
誰も「知らない~」の回答???3人くらいにきいたけど,誰も知らない。
本当に伝統野菜なんだろうか・・・・と。
結局,道の駅にいったときに,レシピが張ってあって,
どうやらあえものなんかで食べるらしい。

P5150665.jpg
■クワンソウ(和名あきのわすれぐさ 別名かんぞう)ユリ科
○九州列島から南九州まで自生し、沖縄では古くから庭の植栽や家庭菜園に植え
薬用・食用に栽培されてきた多年草です。
○沖縄の気候に大変適していて、以前はどこの家の庭でも栽培されていたそう。
食用というよりはむしろ民間療法的な利用が多いようです。
若芽や葉、根元の柔らかい部分は和え物に、花は酢の物や天ぷらにして食べます。
オレンジの花は百合のようで観賞にも向いています。
○根にはアミノ酸、アスパラギンサ酸、リジン、アルギニンなどが含まれ、
利尿作用があるといわれています。花にはヒドロキシグルタミン酸、
ベータシトステロールという成分が含まれています。
○沖縄では昔からリラックス効果があると言われ、刻んで乾燥させたものを煎じて服用すると、
安眠に効果があると言われています。茎の根元の白い部分を豚肉、牛肉または動物の内臓と
一緒に汁物として調理されてきました。

P5070634.jpg
こちらは金美人参。なんとも魅力的なネーミング。
島人参に近いかな~と手にとってしまいました。

P5150664.jpg
■金美人参
人参臭さがなく、肉質は軟らかく甘味が強い人参らしい。確かに臭みが少なく甘いです。
人参嫌いの子供も喜んで食べるそう。
ジュースに向いていますし、生でも食べやすいので、普通の人参、セロリか胡瓜と一緒にスティックサラダに、厚さ2~3mm程度の薄いお星様を作るか、ピーラーでリボン状の薄切りを作り、生のままサラダにすると赤・黄・緑とそろってきれいで、食べるまで人参とわからないとか。
こちらは,みかど協和(株)でも扱っている
中華人民共和国より導入した「Chinese-Yellow」から選抜育成した黄色人参と
通常の短根赤系ニンジンを交配して育種された人参。
東北でも作れるらしい。

P5150668.jpg
ベーコンと炒め物に。
赤緑のパプリカと言わせたら彩り鮮やかに。
クワンソウも思ったよりはすじばってないし,癖もなくてさっぱりと食べられました。

スポンサーサイト

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wosaru

Author:wosaru
「食」は人を幸せにする。
自分も楽しみながら,食に携わる人たちを応援したいと日々食べ歩きしています(笑)
宮城県在住

【テーマ】
アイスクリーム,カレー,温泉,ご当地食材

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。