スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おにぎりや@鳴子の米プロジェクト

鳴子シリーズ第2弾

鳴子の米プロジェクトの「ゆきむすび」を食べられる「おにぎりや」に寄ってきました。

鳴子は、宮城県大崎市の山間にある温泉地域。米作りが大変な山間地。
高齢化や耕作放棄地や国の施策で,この鳴子に米づくりの危機が訪れようとしていました。
そこで,鳴子の農業を地域みんなの力で守っていこうという思いから,
民族研究家の結城登美雄さんを中心に,
古川農業試験場で開発された,「東北181号」後についた品種名が「ゆきむすび」,
この米をシンボルにプロジェクトでは米づくりが始まりました。
詳しくはこちに 大崎市サイトへ

その「ゆきむすび」が食べられるお店
IMG_2043.jpg
入り口には大きなプロジェクトののれんが。

IMG_2044.jpg
昔ここの建物は,農協の漬け物加工施設だったところ。
確かに建物の感じは残っていますが,いやいや,きれいなお店になっていました。

IMG_2049.jpg
店内の内装もおしゃれで落ち着いた感じ。
隣の席のご夫婦が照明の工夫をほめていらっいゃいましたね。キキミミしてしまいましたが。

IMG_2046.jpg
カウンターにはおいしそうな10種類のおにぎりが。
全部制覇したいところです。

IMG_2045.jpg
小昼ランチは,好きなおにぎりが2個選べます。

IMG_2048.jpg
夏限定小昼ランチ!!限定に弱くオーダー。

この日は混んでいるみたいで,注文してから10-15分お待ちいただきます~とのこと。
もちろん待ちます。

IMG_2052.jpg
セレクトは,しょうがのおにぎり。もうひとつは,塩おにぎり?
松原源泉水もついて,おにぎりに薬味と水をかけてさらさらいただくのです。

IMG_2051.jpg
デザートの牛乳寒天?
鳴子いちごが入っています。実はお目当てはこちら。
9月から「鳴子のいちごスイーツ」が登場です。

津波で大きな被害を受けた沿岸地域のいちご産地にくらべる
まだまだ小規模ですが,収穫時期が秋~初冬と晩生の夏いちごという
メリットや第二のゆきむずびを目指して頑張ってほしいところです


IMG_2053.jpg
店内を一人できりもりするのは,柴田さん。
割烹着とほっかぶりがとてもカワイイ。
そして,彼女のすばらしい接客ぶりからも,
カワイサがとても伝わってきます。

おいしいんだけど,積極で味を台無しにしているお店も少なくない中,
また期待と思わせる,柴田さんの丁寧な心配りに感動します。

もちろん,おにぎりもおいしかったです。
新米がでたら,今度は10個制覇に挑戦だ。

おいおいマジかよ~(胃袋の声)

◆◆◆むすびや地図はこちら◆◆◆

まだ22年産米をおいてました。
ご希望の方はお早めに。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wosaru

Author:wosaru
「食」は人を幸せにする。
自分も楽しみながら,食に携わる人たちを応援したいと日々食べ歩きしています(笑)
宮城県在住

【テーマ】
アイスクリーム,カレー,温泉,ご当地食材

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。