スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興の軌跡その6 亀喜寿司@塩竃

復興の軌跡 その6 新富町にある亀喜寿司
このあたりも海抜が低いため激しい浸水の被害だったようです。

お店の建物は無事。店の前はずいぶんきれいに清掃されつつあります。
店内の様子はみられませんでしたが、畳の部屋もあったので,ぬれた畳から取り替えなのではないかと思います。
オープンまでは,もうしばらくかかりそうです。

四月中旬には仙石線が東塩釜まで通るそうです。
店がオープンしたら是非いってみたいです。


本塩釜駅付近にまわってみると、ホームセンター。
道沿いに商品を並べていたのもあって、被害の深刻さが伺えます。
まだまだ整理が追いつかないようで、なまなましい現場が残っています。


フェンスはなぎたおされ,貨物コンテナも流されて傾いています。何台も。



仙石線の高架下には流れ着いた車が。普段では考えられない姿に。
津波の威力を物語っています。


まだまだ多くの津波の爪痕が残る本塩釜駅付近ですが、
そんな中でみつけた国道沿いの洋品店の店先の張り紙。

とても力強く勇気づけられます。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

復興の軌跡その5 シェヌー@塩竃

復興の軌跡その5

塩竃といえば,すし哲とならんで有名な「シェヌー」
出勤前に様子を見に寄ってみました。


このあたりも床上浸水は免れませんでした。
しかしながら、建物の倒壊などはなかったようです。
外装や店の周りは,すっかりきれいになっていました。


駐車場に出されていた備品。
テープやいす、ストッカーなど,きれいにして使用するようです。
店内はどの程度整備がすすんでいるかはわかりませんが
こちらもGWくらいまでは,再開していることを祈ります。


近くの道にはまだまだゴミが山積みです。


一番館のところの海岸通りの様子。
道は大分きれいになってきましたが,
交差点の信号はまだ点灯していませんでした。

一刻も早く電気が通ることを期待します。



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

復興の軌跡 その4 りゃん亭@塩竃

国道45号沿いに走ると多賀城付近で見られた光景です。



波で寄せられた車が、瓦礫の山となっています。民家の庭に流れ着いて、縁側に突っ込んでいるのも、見られました。

国道沿いは大分車も撤去され、二車線が確保されてきました。

帰り道に、塩竃市役所付近の、塩釜でも指折りに旨い居酒屋 りゃん亭付近へまわってみました。若干だけど高いところにあるので被害も無い様で、営業してました。よかった~!

アリガタイアリガタイ。


暖簾をくぐって、寄って行きたい所でしたが、グッと我慢!
落ち着いたら顔出しますね!!

寿司哲、白幡@塩竃 被害の様子

復興の軌跡 その3

ブログのアクセスカウンターでみると、寿司哲の被害状況を検索している人が多いので、出勤前に様子をみてきました。


こちらは、寿司哲。外装をなおした建物自体は無事の様です。


通りの道路はまだまだ瓦礫でいっぱい。向かい側の 翠松亭も、浸水。道路には泥の山がまだありました。


店内は一階がかなり浸水したようで、現在店内をかた付けている様子でした。


姉妹店の白幡も、同じ状況。建物は無事の様ですが、こちらも一階部分が浸水。

オープンには、もう少しかかりそう。GWまでには、オープンできることを祈ります。

復興の軌跡 その2 ~えんふあん@塩竃~

復興の軌跡 その2 ~えんふぁん@塩竃~

宿直明けで,明るいうちに塩竃市内をチャリで走りました。
R45も多賀城付近は,路肩の水をかぶった自動車も少しずつ撤去され始め
少しずつではありますが,通行しやすくなってきています。

途中の給油渋滞のスタンドで、パートのおねえさんに、販売状況をききました。
朝の6時に整理券を配っているそう。4時30分くらいにならんだお客さんくらいまで
整理券は渡されるそう。20リットルまで。

実は,このお姉さん、お客に苦情やクレームをぶつけられるそうで
「長い時間をまって20リットルだけか!」という内容を多くの人に,場合によってはけんか腰で
言われるそう。「私だって被災者!震災直後から車で寝泊まりしながらこうして働いているのに、
なんてみんな自分勝手なんだろう!まだ水道や電気も復旧しない人たちもいるっていうのに」
と。「みんなガソリンを入れるためにぐるぐるまわって、ガソリンを消費して、ここにくる。なんて無駄なんだろ」って。
10分くらいお話きいていました。
少しは,気持ち楽にしてあげられただろうか。



塩釜駅近くのヨークベニマル。建物が被害を受けています。
屋上にある、看板の下の部分が壁がくずれおちて、中が丸見え。
復旧にはしばらくかかりそうです。


近くまでいったので、「えんふぁん。」三浦さんは大丈夫か訪ねました。
久しぶりにいったら、国道沿いに,新しい?看板と入り口が。

話をきいたら、やはりこのあたりも床上浸水らしい。
お店をのぞいたら、そんな痕跡もないくらいきれいになっていました。
保健所の人がきて施設をみていったらしく、ちかぢかカフェとしてオープンするために
営業許可申請したらしい。
カフェあったらいいな~と思っていたので、さすがです。

浸水にもめげす新たな挑戦に挑む姿に心動かされました。
ここにも明るい兆しがみえます。




テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

復興の軌跡 その1~仙台朝市~

復興の様子を忘れないように少しずつ記録していきたいと思います。

災害から10日以上たち,ようやく買い物も少しずつできるようになってきました。
ジョニー,D介さん,LOVE腹氏 情報によると,仙台朝市はそんなに並ばすに買い物できるようになってきたとか。
23日に当直明けで朝市に直行。
人でにぎわっていました。


お目当ての野菜。
白菜400円,キャベツ300円,春菊100円,青梗菜100円,
うるい100円 ←季節を忘れていた。そんな季節ですね。


こちらのキャベツは200円。
玉がやや小降り。

店によっては400円のキャベツも売っていました。

朝市なのでもっと安いイメージがありましたが,災害の影響か、ガソリンの影響か
全般にやや高め。
店の人にキャベツ高いねっていったら、いつも今頃はこんな価格だよって言われました。
スーパーで1/2カットに見慣れているので,反省。

リュック一杯に野菜を詰め込み自転車で帰宅。
戦後の混乱期に買い出ししているような姿(笑)

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

東日本大震災

東北関東大震災により犠牲になられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、被災した我々みんな,手を取り合いながら復興に向けてがんばっていましょう。


さらに、ご心配いただいた方々,応援のコメントや物資支援や義捐金支援いただいている全国の皆様に感謝します。本当にありがとうございます。こころから。

地震発生から

○3月11日
イベント打合せのため東京出張中。渋谷の地下鉄ホームで地震。ホームがつぶれるかもとの不安から地上に出たら騒然となっている。とりあえずタクシーで打合せ場所のパーレンテッシ@池尻大橋 では、鹿島台出身の中野シェフと有意義な話ができましたが、職場と連絡とれたらどうやら震源地は宮城らしい。
数日前に宮城で大きな地震があり、「俺、地震つれてきた?」なんて甘かった。
交通機関麻痺によりとりあえず渋谷まで出たが、人が集まり騒然。いっこうに交通機関復旧の目処も立たず、ホテルも満室。帰宅難民の波をかき分け、赤坂見附の事務所に向かい徒歩約2時間。テレビに映し出される悲惨な映像を見ながら一夜を明かす。

○3月12日
新幹線もストップ、東京に足止め。地下鉄、私鉄一部復旧により,親戚宅へ転がり混む。
元気づける為にと,刺身やトンカツ、あん肝などのご馳走をいただきました。アリガタイ。

○3月13日
赤坂見附事務所に同僚と集まり、帰仙ルートを検討。上越新幹線は動いているとのことで
新潟→鶴岡→山形→仙台 とバスを乗り継いでいく作戦に。一日での移動は難しいので,新潟か鶴岡での一泊覚悟。運良く、新潟→仙台のチャーターバスがあるとの情報に、なんとか乗せてもらえることになり急いで新潟へ。
新潟駅で水や食料を買い出しし,バスに乗りこむ。
19時過ぎに出発し23時過ぎに仙台へ到着

○3月14日
事務所に顔出し、勤務中の同僚や上司に。ホットしました。
状況を確認し、崩れたデスク周りを整理し心を落ち着け、数台走っていたタクシーをゲットし,
車を止めていた場所まで移動。津波の被害地区の近い場所だけに、車か水につかっていないことを祈りながら。
運良く車の無事を確認し、タクシードライバーの「停電で街頭がつかないから、歩行者に十分注意を」とアドバイスをもらい、ゴーストタウンの様なR45を帰宅。
帰宅直前電気復旧
早朝4時頃、ようやく自宅へ。一階は食器が多少割れた程度、二階は案の定本棚は倒れガラスは割れ、CD棚も倒れ散乱。
入院中の父の無事を確認
給水所に並び水の確保

○3月15日
みやぎ生協に3時間並び若干の食料確保 買い物制限有(野菜1点,果物1点,缶詰2個,飲料2本,他)
父退院
自転車確保 

○3月16日~18日
給水所にて水確保
多賀城「おてんとさん」で食料確保 買い物無制限
水道復旧(17日)
塩竃市内被害確認
 本塩釜駅前は被害甚大
 佐浦,榮太郎,梅花堂,まぐろ丼屋,すし哲しら幡付近は,浸水
自宅片づけ復旧

○3月19日~
自転車通勤で職場復帰。
災害対応業務。

全国からの沢山の支援物資が寄せられています。
それが迅速に避難所に届いていかないもどかしさに,やり場のない憤りも感じます。
災害範囲が広い。多数の避難所が分散。ガソリン不足。一部不足。システム不備。
いろいろな要因が重なっています。
しかしながら、鹿児島から車で支援物資を運んでくれる人々もいます。
物資搬入後にいただいた「がんばってください」の一言に思わず目頭が熱くなりました。





テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : ブログ

かおり米@株式会社四万十ドラマ

株式会社会社四万十ドラマ
代表取締役 畦地 履正 さんの講演を聞く事ができました。
地域おこしのモデルとしても、とても素晴らしいお話で、感涙!
波長が合うというか、共感するというか、痒い所に手が届くというか。高知にいってみたい!というきにさせられました。
http://www.shimanto-drama.jp/corporate




そこで紹介されていたのが香り米。ジャコウネズミの糞の匂い?と言われていて、「ジャコウ米」「匂い米」「ネズミ米」「有臭米」と呼ばれ、マイナスイはメージをもっていましたが、東北の米には勝てないから、かおり米で勝負!という発想がすばらしい。そしてそれを実現してしまう力。

80g200円とか。100g200円としても、10kg20000円。

米も大量につくって産地銘柄だけで売る時代じゃない、そういうことなのかもしれません。
プロフィール

wosaru

Author:wosaru
「食」は人を幸せにする。
自分も楽しみながら,食に携わる人たちを応援したいと日々食べ歩きしています(笑)
宮城県在住

【テーマ】
アイスクリーム,カレー,温泉,ご当地食材

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。