スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄泡盛 古酒 沖縄物語2010

とうとうあけてしまいました。(笑)
沖縄限定琉球泡盛 沖縄物語2010

こなラベルに惹かれて思わず空港でかってしまった泡盛。
やっぱりみてくれも大事だよな~。

古酒だけにまろやか。
暑い夜はさっぱりロックだ!
でも一杯でやめとこ(笑)
このほかにもあと二種類ありました。

製造 沖縄県うるま市石川嘉手570
有限会社 神村酒造
スポンサーサイト

ままや@沖縄の松山(沖縄旅行その5)

ままや

ネットで,隠れ家的な飲み屋をさがしてたらたどりつきました。
地図をたどりながら,訪れてみると,小民家を改良したようなお店。
築50年の家を利用しているとのことで,ご実家らしい。

P1020177-1.jpg
店内はきれいにされていて,でも古いたたずまいが残っているので,とても落ち着きます。

P1020178-1.jpg
一人でいったら今度はカウンター座りたい感じ。

P1020175.jpg
前菜のアラカルト。沖縄料理にちなんだものがたくさん。
少しずついろいろ楽しめました。

P1020180.jpg P1020182.jpg
お刺身もおいしかったです。とても心がこもっているあたたかさ。
豚肉もうまい。

P1020181-1.jpg
こちらは,煮物。沖縄料理だけではなく,和食も半分半分でいれてもらいました。
女将さん。無理言ってすみませんでした。
当日予約だから,あるものしかないんですが・・・と言われましたが
それでもとむりむり頼み込み,でもすてきな料理ばかりでした。

P1020184.jpg P1020183.jpg
どぅる天。沖縄っぽい料理でとてもうまい。初めてくった。これが食えただけでも大満足。

P1020185.jpg P1020186.jpg
サラダと寒天よせ。よもぎごはんとお吸い物。

P1020188.jpg
デザートは,パイナップルとパッションフルーツ。香りがまたいいですね~。

ビールもたらふくのんで,泡盛もいただいて,大満足でした。

■ままや
住所 〒900-0032沖縄県那覇市松山1-8-5
電話 098-867-1350
URL http://kumoji2mamaya.ti-da.net/
リピート感 ★★★★☆(また訪れたいお店です。)

テーマ : 食べ歩き
ジャンル : ブログ

神の島 「久高島」で イラブー定食!!(沖縄旅行その4)

念願の久高島へ
P1020138.jpg P1020075.jpg
高速船で15分 徳仁港へ到着。
ガイドさんを予約してお願いしてたけど,なかなか現れず。・・・電話でやっときてもらえることに。
おそるべし島時間。

P1020088.jpg 
早速ガイドさんの案内で島内を散策。
石垣がとても立派で,島の財産とか。
その昔,首里城の門壁をつくる職人を呼んで島の石垣を作ったとか。
大な石垣がカギをくんで,積まれていて,地震や台風に強い構造が特徴だとか。
左の丸い石の石垣は,近代のもの。右の手前は職人技のもの。

P1020093.jpg P1020096.jpg
左は,イラブー(はぶ)の薫製を作るところとか。
年間何百も薫製にするらしい。一本6-8千円で売ってました。
右は,フボーうたぎ。女性のみしか入れない聖地らしい。
岡本太郎が昔入ったとき,なんにもなくて○○とか といったらしい。なんだっけ。きいたんだけど。

P1020100.jpg P1020104.jpg
海岸の眺めはいいね~。ガイドのユタカさんと話をしてました。
なんでも,ほとんどが女性観光客で,その7割が,何かをなくしてやってくるか,
何かをなくしに(都会の荷物を積み過ぎておろしに)やってくるか。。だそう。
思わずわらったけど,奥深い・・・・。

P1020133.jpg


P1020132.jpg P1020134.jpg
イラブー汁 黒いのがはぶの薫製。黒いけど,鰹節のような味わい。出汁がでてる~。
滋養と強壮にいいらしい。元気になる~
右は白身魚とヨモギ?の和え物。島の伝統料理。

P1020136.jpg
イラブー汁御膳 2000円

P1020130.jpg
刺身定食

P1020139-1.jpg
■食事処とくじん
住所 沖縄県南城市知念字久高249-1
電話 098-948-2889


カフェ風樹

P1020170.jpg

P1020158.jpg
バルコニー席からの眺めは最高。
ぼげっとしてました。

P1020164.jpg
眺めは絶景です。

P1020167.jpg
メニューはこんな感じ。

■カフエ風樹
住所 沖縄県南城市玉城垣花8-1
電話 098-948-1800
URL  http://r.tabelog.com/okinawa/A4704/A470403/47000195/ 食べログ
リピート感 ★★☆☆☆(次は違うカフェも)

もずくご飯@ペンションアンドレストラン 安座真ムーンライト・テラス (沖縄旅行その3)

■雰囲気満天 ケイブ・カフェ@ガンガラーの谷

沖縄旅行初日の後半,空港から南部に移動。
ネットでみてた,ガンガラーの谷のケイブ・カフェに。
P1020022.jpg
沖縄ワールドのすぐ隣。あいにくの雨でしたが,駐車場には親切なビニール傘が。
このこころづかいがうれしい。

P1020005.jpg
洞窟の中にカフェが。とても心地のよい空間です。
あまりの気持ちいいBGM
のどごし生のCMの池脇千鶴に似ているお姉さんに思わず聞いたら ソット・ボッセと教えてもらいました。

昔は洞窟探検のツアーをやっていたそうですが,沖縄畜産の汚水問題で10年以上の間川が浄化
するまで,閉鎖されていたそう。最近やっと環境が回復してきたので,ツアーを再開しカフエを
オープンしたとか。(スタッフさんに伺いました。二人ともとても気持ちのいい方でした。)

洞窟の中なので,音響がいいらしく,年になんかいかライブをやっているそう。
またいってみたいっす。
今回は時間がなかったのでツアーいけませんでしたが,次回はかならず。

P1020023.jpg
表の公園には大きなガジュマルが。

■ガンガラーの谷(ケイブ・カフェ)
住所 〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川202番地
電話 TEL.098-948-4192
URL http://www.gangala.com/
リピート感 ★★★★★(ここに行くために沖縄にいきたいくらい)


■美味朝食のもずくご飯@安座真ムーンライト・テラス

P1020067.jpg P1020059.jpg
坂の途中にたつ白い小さなレストラン・ペンション。

P1020029.jpg P1020032.jpg
P1020041.jpg
1階のレストランの夕食メニュー。前菜(サラダと豆腐)と「メインのアクアパッサ」とパスタ。
このスープが絶品。そしてデザート。

P1020044.jpg P1020045.jpg
宜野湾の新しい道の駅で買った,揚げボールかまぼこ。中には炊き込みご飯。
右は,ぐるくんの唐揚げ。
P1020046.jpg P1020048.jpg
ボールの中には,ご飯が。売れてるらしい。
右は道の駅で売っていた,名前忘れた~。生でも,ほくほくいもの様な果物。甘みはやさしい。

P1020049.jpg
おきまりのうみブドウ。こんなん食いながら夜はオリオンビールで更けてゆく~。

■そして!絶品朝食の登場!!
P1020054.jpg

P1020055.jpg
もずくかけご飯。出汁のあんがかかってて,うみぶどうも塩味だしてて!絶品。
もずくって,もずく酢のイメージで酸っぱいかとおもったら,全然。思わずうまいっ。

P1020056.jpg P1020057.jpg
そして,地元豆腐を使ったみそ汁。これも旨い~。おかずは,魚のフライと沖縄人参のソテーと卵。
すごいバランスとれてていい食事。これじや,沖縄長寿なはず。


■ 安座真ムーンライト・テラス
住所 〒901-1502 沖縄県南城市知念字安座真1245
電話 TEL&FAX: 098-948-4133
URL http://www.azama-moon.com/
リピート感 ★☆☆☆☆ (次は違うところにとまろうかな)
朝食時に,とてもよくしてくれてた女主人様。
また,夕食に無理行ってサプライズ出してくれた,無骨なシェフ。ありがとうございました。

P1020063.jpg


テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

塩醤油@沖縄&2度目のシーサーづくり体験

塩醤油@琉球醤油屋
P5100660.jpg
久しぶりに国際通りを通ったら醤油屋ができていました。
かりとんとう屋といってもいいみたい。
黒糖醤油や,黒糖シーククワァーサー醤油などもありましが
一番味的に惹かれたのが,この塩醤油。
沖縄の海塩で味付けされているよう。ただ,調味料としてアミノ酸等がはいっていたのが残念。
味は,出汁の味がきいていて,いろいろ使えそう。
一番のお気に入りは,このパッケージ。無駄にお土産を演出してるんだけど
やっぱり思わず手にとってしまいました。
今年の二月にオープンだそう。
沖縄の材料を使っているそうですが,製造は大分県だったか熊本県だったか。
約1000円也。
■琉球醤油屋(販売店)
住所 沖縄県那覇市牧志2-7-27
電話 098-863-5990
URL  http://www.yufuin-syouyuya.jp/ryukyu/index.html
リピート感 ★★★☆☆(またいったら今度は違う醤油を・・)


■■さぁさぁ,沖縄とったら,やっぱりこれ。シーサーづくり体験。
前回は,口の開いた方をつくったので,今回は口を閉じた方をつくることに。■■

P5090645.jpg P5090646.jpg 
まずは丸い土を平らに延ばし土台をつくります。
それから,円柱の体の部分をつくります。
P5090647.jpg P5090648.jpg
円柱の部分は真ん中を空洞にして,土の厚みをそろえます。焼いたときに割れないようにとのこと。
これは先生にやってもらいました。左の入れ物には接着材の役目をする柔らかい泥。
接着面にのりの泥をつけて,丸い土台の中央に固定。そして,手足しっぽになる丸い土をつくります。

P5090649.jpg P5090650.jpg
丸めた土を手2つに細長く,足としっぽは雫型につくります。
手を手前にたてて,足を両脇に寝かせて取付ます。しっぽはまだ。
そして,先生にもらって円盤の土を二つおりにして,口をつくります。

P5090651.jpg P5090652.jpg
ボディの上部手前半分に接着のりをつけました。これから,口の部分をのっけます。
乗っけたあと,後ろ側から口とボディをなめらかに接着。これは先生にやってもらいました。

P5090653.jpg P5090654.jpg
目鼻耳おでこの土6つを丸くつくります。
目と鼻の位置を決めたら,目の後ろにおでこの土を取り付けます。

P5090657.jpg P5090658.jpg
次に,耳をつけました。
そして,葉っぱの形に,眉毛?とひげを7枚つくり取り付けます。

P5090659.jpg
最後に,へらで,目や模様をつけて完成です。

2回目なので,さくさくすすみましたが,70分くらいかかりました。
なんとなく,表情はこころをあわらしているらしく,
今回はさえない表情になってしまいました。
パーツパーツの付け方で表情は大分変化します。
きっと世界に一つだけのシーサーだな,これは。
焼き上がりが楽しみ。。。。。。

■育陶園
住所 沖縄県那覇市壺屋1-22-33
電話 098-863-8611
URL  http://www.ikutouen.com
リピート感 ★★★☆☆(2体つくったので,次回は他の場所で陶芸体験・・・)

テーマ : 気になったモノ
ジャンル : ブログ

プロフィール

wosaru

Author:wosaru
「食」は人を幸せにする。
自分も楽しみながら,食に携わる人たちを応援したいと日々食べ歩きしています(笑)
宮城県在住

【テーマ】
アイスクリーム,カレー,温泉,ご当地食材

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。